マニュライフ生命、『こだわり個人年金(外貨建)』を新たに四国銀行で発売

『こだわり個人年金(外貨建)』を四国銀行で発売

マニュライフ生命保険株式会社は5月7日、無配当外貨建個人年金保険(積立利率変動型)ペットネーム『こだわり個人年金(外貨建)』を、株式会社四国銀行を通じ、5月7日から発売すると発表した。
高齢化が進み定年退職の年齢が変化するなど、ライフスタイルが多様化するなか、リタイアメント後を見すえた経済的準備としての年金保険商品への需要がますます高まっている。
2015年7月発売の同商品は、公的年金、退職年金や退職一時金のほかに、将来に備えたい顧客自身の資産形成ニーズに的確に応えるべく開発された平準払の外貨建年金保険で、同社の金融機関チャネルでは、四国銀行を含めて現在40の提携先で販売されている。
同商品の特長は、毎月一定金額の円(1万円以上)を保険料として払い込み、円より高金利で推移する外貨で運用することで、比較的高い利回りが期待できるもの(現在の金利水準、為替水準のままの場合)。このため、リタイア後の資産の一部を外貨建で保有することで資産が分散され、リスクを軽減できる。

状況に応じ保険料払込額の減額や停止・再開が可能

保険料払込期間中は、積立利率が毎月適正に見直され市場金利変動に弾力的に対応されるほか、米ドルおよび豪ドルともに、最低保証により積立利率が規定積立利率(年1.5%)を下回ることがなく安心できる。
また、相場やライフステージの変化などに応じ、保険料払込額の減額や停止とともに再開が可能となっているため、無理なく続けられる。そして、状況に応じ保険料払込期間を延長して払い込みを継続できるほか、延長後も保険料円払込額の減額や払い込み停止および再開が可能となっている。
同商品には告知なしで加入できるほか、健康相談等の付帯サービスの利用ができ、さらに条件を満たすと「個人年金保険料税制適格特約」の付加が可能で、個人年金保険料控除が適用されることとなる。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
マニュライフ生命保険株式会社 プレスリリース
https://www.manulife.co.jp/servlet/s
●この記事に関連したニュースカテゴリ:マニュライフ生命保険株式会社
(記事提供:スーパー・アカデミー)