フコク生命、債券投資で社会貢献事業支援 世銀債約60億円購入

「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」を購入

フコク生命は5月7日、社会的責任投資として、世界銀行が発行するサステナブル・ディベロップメント・ボンドへの投資を実施したと発表した。
今回フコク生命が購入した世銀債は、クレディ・アグリコル証券会社が単独主幹事を務め、同社が発行総額5億スウェーデン・クローナ(日本円で約60億円)全額を購入した。債券の償還日は2032年4月26日、発行利率は1.255%となっている。債券の受け渡しおよび資金決済は、4月26日に完了した。

海洋汚染問題に取り組む世界銀行

世界銀行は、水と海洋資源の重要性を世界に発信しようと、海洋汚染問題への対処を推進する世銀債を世界各国の市場で発行してきた。
これまでの発行累積額は、今回のフコク生命の投資により、およそ10億米ドルに達した。同社が投資した資金は、開発途上国における廃棄物処理プロジェクトなどに融資する資金の原資として活用される。
「社会への貢献」を経営理念のひとつに掲げる同社では、今回の投資が、収益性確保ならびに社会貢献事業への支援につながるとし、今後も同様の投融資を継続するとしている。
(画像はフコク生命ホームページより)


▼外部リンク
フコク生命 ニュースリリース
https://www.fukoku-life.co.jp/20190507.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:フコク生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)