住友生命ら、スマホアプリを活用した実証実験開始

海外スタートアップ企業が提供するスマホアプリ

住友生命保険相互会社は2019年5月9日、アビームコンサルティング株式会社の支援の下、スマートフォンアプリを活用した実証実験を開始したことを発表した。
このスマートフォンアプリは、シンガポールにアジア太平洋の拠点を置いているスタートアップ企業、VYMO社が提供するもので、GPSの位置情報を活用して、法人営業担当者の効率的な営業活動を支援する。

営業活動の効率化や生産性の向上へ

同ソリューションはシンガポールにおいて、グローバル展開している複数の保険会社に採用されており、既に多くの実績がある。日本国内では、今回の実証実験が初であるとのこと。
同アプリを利用すると、顧客企業や営業活動の情報を一元管理することができるため、営業活動の効率化や生産性の向上が期待される。さらに、人工知能(AI)が営業担当者に、最適な営業ルートやアクションを提案する機能も有しているとのこと。
(画像は住友生命HPより)


▼外部リンク
住友生命保険相互会社のプレスリリース
http://www.sumitomolife.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:住友生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)