あいおいニッセイ同和損保、スマートスピーカーの活用でファン拡大狙う

Alexaに提供中の童謡スキルが1万ユーザー突破

あいおいニッセイ同和損保は5月9日、AmazonのスマートスピーカーAlexaに提供している英語童謡スキルのユーザー数が1万件を突破したと発表した。
同社ではスマートスピーカーを利用して消費者との接点強化を図っている。同社のスキルが各家庭で利用されることにより、広い視野で同社のファンを獲得できるとの考えだ。
今回の童謡スキルは、Amazon Alexaに話しかけると、英語の童謡を歌ってくれるというもので、昨年9月から開始された。子育て世代の「多忙」を支援しようと、Alexaの特徴とするハンズフリー操作を活用した。
童謡は、どれも親しみのあるものばかりで、全15曲を聴くことができる。全てネイティブのこども達が、ナレーションやボーカルを担当している。
LINE Clovaへも提供開始
この英語童謡は、Amazon社の「Echo」シリーズ、またはLINE社の「Clova Friends」シリーズであれば誰でも無料で利用できる。なお、LINE社の「Clova Friends」へは5月17日から提供開始される。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
あいおいニッセイ同和損保 ニュースリリース
https://www.aioinissaydowa.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:あいおいニッセイ同和損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)