東京海上日動、中小企業向けの新特約発売

中小企業の損害賠償リスクをカバー
東京海上日動火災保険株式会社は5月7日、中小企業向け「不良品・納期遅延による他人の経済損害事故補償特約」を発売することを発表した。
「不良品・納期遅延による他人の経済損害事故補償特約」は事業活動を取り巻くさまざまなリスクを包括的に補償する企業向け商品。「超ビジネス保険」に付帯させるかたちで、2019年7月より発売開始を予定している。
近年中小企業の損害賠償リスクは多様化しており、中小企業にとって製品の欠陥や仕様の不適合といった理由で納入先から損害賠償請求を受けることは、事業継続や会社経営そのものに大きな影響が出る。
その結果、こうしたリスクに対応する保険を求めるニーズが高まっており、東京海上日動火災保険株式会社では従来の生産物賠償保険 (PL 保険)等では補償されないリスクを補償する保険商品の開発に至った。
さまざまなケースに対応
東京海上日動火災保険株式会社の中小企業向け「不良品・納期遅延による他人の経済損害事故補償特約」は、事業活動を取り巻くさまざまなリスクケースに包括的に対応する商品である。
製品の欠陥・仕様不適合はもちろんのこと、火災や突発的な事由による納期遅延の結果発生する賠償リスクにも広く対応。
東京海上日動火災保険株式会社は今後もさまざまなリスクから顧客を守るべく、最適な商品・サービスの開発・提供を進めていきたいと意欲的である。
(画像は東京海上日動火災保険株式会社ホームページより)


▼外部リンク
東京海上日動火災保険株式会社ニュースリリース
https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:東京海上日動
(記事提供:スーパー・アカデミー)