第一フロンティア生命、鳥取銀行にてプレミアカレンシー・プラス2販売開始

5月20日より取り扱い開始
第一フロンティア生命保険株式会社は5月17日、株式会社鳥取銀行にて自社の通貨指定型個人年金保険「プレミアカレンシー・プラス2」を販売開始することを発表した。
「プレミアカレンシー・プラス2」は一時払いとしてまとまった保険料を支払い、運用期間と運用通貨を選択してふやす商品。運用期間は3年・5年・6年・10年の4つから、通貨は「米ドル」「豪ドル」「ユーロ」の3つから選択が可能。
株式会社鳥取銀行での取り扱いは2019年5月20日からとなる。
第一フロンティア生命保険株式会社は第一生命グループの一員として今後も「一生涯のパートナー」を目標に、多様な顧客ニーズに応える商品・サービスを提供し続けること、またそれにより顧客の安心で豊かな暮らしを支えていくことを目指していきたいとのこと。
好金利で確実にふやすために
第一フロンティア生命保険株式会社の「プレミアカレンシー・プラス2」は、積立金額をどの程度ふやすかという目標値を「105%」もしくは「110%~200%(10%きざみ)」で自由に決めることができる商品である。
目標値は契約中に何度でも変更でき、運用状況によっては「250%」や「300%」を選択することも可能。
運用期間が満期を迎えると、ふえた分を一括で受け取るか、年金で受け取るかを選択し、受け取りは契約時に運用選択した通貨での金額か円換算した金額を受け取ることが可能である。
また、目標値を設定して到達しなかった場合はそのまま年金原資額を外貨建て終身保険に移行することも可能で、ライフプランに合わせた汎用性の高い活用ができるとのこと。
(画像は第一フロンティア生命保険株式会社ホームページより)


▼外部リンク
第一フロンティア生命保険株式会社ニュースリリース
http://www.d-frontier-life.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)