マニュライフ生命、全額出資子会社の金融商品仲介業認可取得

新たな業務は5月開始予定
マニュライフ生命保険株式会社は5月17日、全額出資子会社であるマニュライフ・ファイナンシャル・アドバイザーズ株式会社の金融商品仲介業認可を取得したことを発表した。
マニュライフ・ファイナンシャル・アドバイザーズ株式会社は2019年1月4日より生命保険商品及び損害保険商品の取り扱い業務を開始しているが、今回の認可取得により金融商品仲介業務を開始することが可能となる。仲介業務に関しては5月中を目途に投資信託等の取り扱い開始を予定しているとのこと。
マニュライフ生命保険株式会社はマニュライフ・ファイナンシャル・アドバイザーズ株式会社の業務拡大を通じて、多様化する顧客ニーズに柔軟かつ的確に応えるだけでなく、生命保険・損害保険・投資信託といったさまざまな金融サービスを取り扱うことで顧客ひとりひとりのライフプランに多角的なアドバイスを提供していきたいと意欲的である。
楽天証券と業務提携
マニュライフ生命保険株式会社の子会社であるマニュライフ・ファイナンシャル・アドバイザーズ株式会社は、新たに投資信託等の金融商品を仲介するにあたり、楽天証券株式会社との業務提携を行うことを決定した。
楽天証券株式会社は投資信託やラップサービスなど幅広い商品を取りそろえており、業務提携を通じてより専門的な知識を有するアドバイザーが顧客へ幅広い金融サービスの提供を行うことが可能となる。
(画像はマニュライフ生命保険株式会社ホームページより)


▼外部リンク
マニュライフ生命保険株式会社ニュースリリース
https://www.manulife.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:マニュライフ生命保険株式会社
(記事提供:スーパー・アカデミー)