三井住友海上とアクセンチュア、ビッグデータ分析を活用し、企業のリスクを低減するサービス提供開始へ

「Risk」X「Technology」による新サービス「RisTech」
三井住友海上火災保険株式会社とアクセンチュア株式会社は2019年5月29日、新サービス「RisTech」の提供を開始することを発表した。
「RisTech(リステック)」とは、「Risk」と「Technology」を掛け合わせたもので、ビッグデータや最新の分析アルゴリズムを活用することで、企業が抱えるリスクを可視化・最適化して課題解決を図るサービス。

リスク分析やリスクモデルの開発など

具体的には、三井住友海上などのデータサイエンティストが、事故データなどさまざまな統計データを活用してリスク分析やレポートの提供、リスクモデルの開発などを行うとのこと。工場や設備に不具合が生じたデータを活用することで、事故の予兆把握や最適なメンテナンス計画を策定するなどの活用が考えられるとのこと。
三井住友海上が蓄積してきた事故や災害に関するデータ等のノウハウと、アクセンチュアの持つ多様な業界知見を組み合わせることで、地震や水害対策支援など、社会が抱えるさまざまな課題解決を図り、安心・安全な社会の実現に貢献していくとしている。
(画像は三井住友海上HPより)


▼外部リンク
三井住友海上火災保険株式会社、アクセンチュア株式会社のプレスリリース
https://www.ms-ins.com/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:三井住友海上
(記事提供:スーパー・アカデミー)