ジブラルタ生命、特定疾病保障商品の保障内容を拡大

急性心筋梗塞・脳卒中の支払・払込免除事由を改定

ジブラルタ生命は迅速な保険金等の支払いに向け、6月1日から急性心筋梗塞・脳卒中の支払・払込免除事由を改定し、保障内容を拡大した。新規契約者だけでなく、該当商品に契約中の顧客についても手続き等が不要で、保障内容が拡大される。
今回の改定では、特定疾病の急性心筋梗塞と脳卒中の治療を目的とする手術が支払・払込免除の対象となった。保障内容拡大に伴う追加の保険料や手続きの必要はない。
2019年5月31日以前に契約した顧客も、6月1日以降に実施した手術が保障対象となる。契約中の顧客には、改定後の補償内容を記載した「ご契約内容のお知らせ」を9月以降に順次発送する。

対象商品

改定の対象となるのは、ジブラルタ生命取扱の、低解約返戻金特則付特定疾病保障終身保険、無配当特定疾病保障定期および終身保険、低解約返戻金特則付特定疾病保障定期および終身保険特約、特定疾病収入特約、米国ドル建特定疾病保障終身保険特約(低解約返戻金型)、保険料払込免除特約。
このほか、旧協栄生命、旧千代田生命、旧エイアイジー・スター生命、旧 AIGエジソン生命、旧 GEエジソン生命、旧東邦生命の商品も対象となっている。
(画像はジブラルタ生命ホームページより)


▼外部リンク
ジブラルタ生命 プレスリリース
http://www.gib-life.co.jp/st/about/is_pdf/20190603.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:ジブラルタ生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)