日本生命、父の日に関するアンケート結果を発表

お父さんもプレゼントが欲しい割合は約6割

日本生命は6月7日、父の日に関するアンケート結果を発表した。調査は同社の契約者を対象に行われ、男女合計8977名が回答した。
プレゼントを贈られる方の58.2%が「プレゼントが欲しい」と答え、「贈る」と回答した人は66.5%。「母の日」にプレゼントを贈る割合より8.8ポイント低かった。
父の日にプレゼントを贈らない理由では、「何を買えばよいかわからない」が34.1%で最も多かった。
都道府県別の「贈る」割合では秋田県が87.0%でトップ。上位5県では80%以上が「贈る」と回答した。

贈る方と贈られる方の間には、微妙なズレが

プレゼントの中身としては「食事・グルメ」が贈る方にも贈られる方にも一番人気。
「手紙・メール・絵」を贈る人の割合は0.8%で7位。これに対して贈られる側では15.8%で3位、15ポイントの開きがあった。
プレゼントの予算は3000円から5000円未満が37.8%で最も多く、贈られる側では「お金をかけなくてよい」が34.4%で最も多かった。
贈る側の平均値は6200円で、贈られる側の希望では4200円、約2000円の差があった。
(画像は日本生命公式サイトより)


▼外部リンク
日本生命 リリース
https://www.nissay.co.jp/news/2019/pdf/20190607.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)