メットライフ生命、「健康経営アシストパック」の紹介開始

メンタルヘルス対策など、組織的な取り組みを後押し

メットライフ生命は6月14日、企業・団体向けのサービスとして、「健康経営アシストパック」の紹介を開始すると発表した。
メットライフ生命の団体保険契約は、商品に付帯してまたは紹介で、健康コール24,仕事とガン治療両立サポート、産業医紹介、ストレスチェック紹介など、既にさまざまなサービスを提供している。
今回加わる「健康経営アシストパック」はティーペック株式会社の提供で、「健康経営」に取り組む企業・団体を応援。「ハラスメント受付・相談サービス」「法律相談サービス」「人事・労務ホットライン」「こころの専門医セカンドオピニオンサービス」の4つで構成されている。

健康増進型の団体医療保険も6月17日に販売開始

メットライフ生命は6月17日に、企業・団体向けで健康増進型の団体医療保険「あなたと会社の健康計画」も販売開始。新商品は全員加入型で、「歩数実績配当方式」を新たに導入している。
メットライフ生命は新サービスの開始で予防・健康増進から治療後のケアまで包括的な支援を行い、企業・団体に対する新たな付加価値の提供を目指していく。
(画像はメットライフ生命公式サイトより)


▼外部リンク
メットライフ生命 リリース
https://www.metlife.co.jp/about/press/2019/pdf/190614.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:メットライフ生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)