エヌエヌ生命、経営者のリスクに備える特約を付加したパッケージプランを発売

経営者の死亡保障に加え、生存保障を強化

エヌエヌ生命保険株式会社は2019年7月2日より、新しい特約を付加したパッケージプラン「エマージェンシー プラス セレクト」と「スマートターム セレクト」を発売する。
これは、無解約返戻金型災害・重度疾病定期保険の「エマージェンシー プラス」と、無解約返戻金型定期保険「スマートターム」に新しい特約を付加し、経営者の死亡時に加えて、急性心筋梗塞や脳卒中、重度な障がい状態になった場合に、最大で1.5億円の保険金を受け取ることができるようにしたもの。

中小企業経営者の声に応えて開発

同社が中小企業経営者を対象に実施したアンケート調査において、「経営に与える影響が大きい身体リスク」について質問したところ、回答者の42.6パーセントが「急性心筋梗塞・脳卒中で半年以上入院・重度の後遺症がある場合」を挙げている。さらに「生存保障の必要保障額」に関しては、回答者の過半数が「死亡保障と同額の生存保障を確保したい」と考えていることが分かっている。
このような経営者の声を踏まえ、同社は今回、2種類の特約を開発した。これによって、死亡時だけではなく、生存時の保障を充実させ、経営者やその家族、さらには従業員への資金面におけるサポートの提供を行う。
(画像はエヌエヌ生命HPより)


▼外部リンク
エヌエヌ生命保険株式会社のプレスリリース
https://www.nnlife.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:エヌエヌ生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)