アドバンスクリエイト、通販保険代理店から数千件の契約を移管

高品質な保全業務の提供を目的に

「保険市場」を運営するアドバンスクリエイトは6月27日、保険契約者に高品質な保全業務を提供する目的で、通販保険代理店との契約移管に合意したと発表した。
保全業務に課題を抱える通販保険代理店が、独自の保全ノウハウを持つアドバンスクリエイトに数千件の保険契約を移管することとなった。

通販保険代理店、コミュニケーション手段の多様化に追いつけず

これまで通販保険代理店の多くは、通信販売で保険契約を獲得し、顧客とは、郵便や電話・メールでコミュニケーションを取っていた。
だが近年、スマートフォンやSNSの普及により、コミュニケーション手段は多様化。従来の手段だけでは、顧客とのコンタクトが不足がちになり、保全業務に課題を有する結果となっていた。
一方のアドバンスクリエイトは、20数年の通販代理店としての経験と、独自技術によるデジタルコミュニケーションツールを活用した効率的な保全ノウハウを保有。既に、他の保険会社や保険代理店の顧客への保全業務も請け負っている。
このため両者のニーズが一致し、今回の契約移管合意となった。
(画像はアドバンスクリエイト・ホームページより)


▼外部リンク
アドバンスクリエイト プレスリリース
https://www.advancecreate.co.jp/201900627PressRelease.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)