あいおいニッセイ同和損保、事故対応業務に有人チャットサービス導入

コミュニケーション手段の変化に対応

あいおいニッセイ同和損保は7月16日、顧客に対する事故対応の利便性向上に向け、同日より双方向の有人チャットサービスを導入すると発表した。スマートフォンの普及によるコミュニケーション手段の変化に対応した形だ。
同社の事故対応における顧客との連絡手段は、これまでは電話が中心となっていた。だが近年のコミュニケーション手段の多様化により、チャット対応を希望する顧客の利便性も図ることが必要となってきた。
今回、同社が導入したチャットサービスでは、富士通のソリューションを活用している。このサービスでは、チャット対応を希望する顧客に、チャット専用のURLがショートメッセージで送信され、そのURLに顧客がアクセスするとチャットが開始される。

時間外はチャットボットが対応

今回のサービス導入により、顧客は自身の都合に合わせたタイミングで、担当者とのチャットをリアルタイムで行うことができる。時間外にはチャットボットが自動対応するため、顧客は24時間365日メッセージを送信することも可能だ。
同社では今後の同サービスの拡大については、今回のサービスの利用状況を分析してから判断する考えだ。ただし、今年8月以降に大規模自然災害が発生した場合は、このサービスを利用し、迅速な保険金支払いにつなげるとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
あいおいニッセイ同和損保 ニュースリリース
https://www.aioinissaydowa.co.jp/news_2019071600597.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:あいおいニッセイ同和損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)