三井住友海上プライマリー生命、「やさしさ、つなぐ」の生前贈与機能充実

顧客ニーズに応えて
三井住友海上プライマリー生命保険株式会社は7月12日、自社の通貨選択型特別終身保険「やさしさ、つなぐ」の生前贈与機能を充実改定したことを発表した。
「やさしさ、つなぐ」は、円もしくは円よりも好金利の運用が期待できる外貨(米ドル・豪ドル)を選択し、資産をふやす商品。2016年8月29日に販売開始して以降、累計販売額は1兆円を超え、取り扱い金融機関は119機関となるほど愛されている商品である。
改定は顧客ニーズの高い生前贈与に関する内容で、生存給付金支払い回数と終身保障倍率との組み合わせを追加する。改定後の商品は2019年7月16日より取り扱い開始。
保険料も引き下げ
三井住友海上プライマリー生命保険株式会社の「やさしさ、つなぐ」は、生前贈与機能以外に最低保険料の引き下げも行っている。
これまでは最低保険料が500万円であったが、これを300万円(外貨は3万米ドルもしくは豪ドル)まで引き下げることで、契約しやすくなるとのこと。
同社では今後も「顧客第一の業務運営に関する方針」にそって顧客ニーズにきめ細かく応えていくだけでなく、顧客が「元気で長生き」することを支える魅力的な商品・サービスの提供に努めていきたいと意欲的である。
(画像は三井住友海上プライマリー生命保険株式会社ホームページより)


▼外部リンク
三井住友海上プライマリー生命保険株式会社ニュースリリース
http://www.ms-primary.com/news/pdf/2019/20_2019_0008.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)