アフラック、日本郵政系での保険販売継続

各地で問い合わせが続く郵便局の顧客に配慮

アフラックは7月31日、同社のがん保険に関して、今後も郵便局やかんぽ生命での販売を継続すると発表した。
全国津々浦々の郵便局で扱うかんぽ生命の保険契約において、保険料の二重払いや一時的な無保険状態など、顧客が不利益を被る恐れのある契約事例が多数見つかっている。かんぽ生命は今秋、約3000万件に上る全契約の見直しを行う予定を発表している。
アフラックは顧客対応に最大限の配慮をしつつ、最新のがん保障をより多くの人々に届けるために、日本郵政グループでの販売を続けていく方針だ。

がんが増え、日本人の2人に1人が経験する時代

がんの罹患数は年々増加傾向にあり、2人に1人は一生のうちに罹患するといわれている。がん保険は全年代でニーズが高く、分かりやすい商品でもある。
アフラックはがん保険募集に関して顧客の利益を守る強固な内部統制を整備している。契約は郵便局やかんぽ生命では解約できず、不適切な募集活動に利用できない仕組みになっている。
アフラックはまた、日本郵便およびかんぽ生命で扱われた契約内容の再確認を自主的に実施しているが、特筆すべき問題は見つかっていないという。
(画像はcommons.wikimedia.orgより)


▼外部リンク
アフラック リリース
https://www.aflac.co.jp/news_pdf/20190731.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アフラック
(記事提供:スーパー・アカデミー)