あいおいニッセイ同和損保と香川大学、MaaSに関する特別共同研究を実施

MaaSを活用した地域課題の解決を目指す

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社は2019年8月5日、国立大学法人香川大学との間に2019年3月に締結した連携協定に基づき、MaaS(Mobility an a service)に関する特別共同研究を開始すると発表した。
あいおいニッセイ同和損保と香川大学は2019年3月、相互の連携を通じて地域の発展に寄与することを目指し、地域活性化に関する研究交流、人材交流、人材育成、技術開発交流などのうち、相互の協力が可能な分野において具体的な協力を有機的に推進していくための、連携・協力に関する協定を結んだ。

MaaS構築・展開、および保険のあり方について

特別共同研究では、あいおいニッセイ同和損保と香川大学が地元と連携しながら、MaaS構築・展開および保険のあり方についての研究を実施する。
香川大学は、防災や医療などの知見を生かし、MaaS構築・展開の研究や、それらの過程で生じる得る課題解決について研究を行い、あいおいニッセイ同和損保は香川大学の研究を踏まえ、協働しながら「MaaSに伴う保険のあり方」についての検討を行うとしている。
(画像はあいおいニッセイ同和損保HPより)


▼外部リンク
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、香川大学のプレスリリース
https://www.aioinissaydowa.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:あいおいニッセイ同和損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)