三井住友海上、2020年度のコンサート開催地等公募開始

全国30ヶ所程度を募集
三井住友海上火災保険株式会社は8月9日、自社の社会貢献事業のひとつである公益財団法人三井住友海上文化財団による2020年度の「地域住民のためのコンサート」の開催地および「文化の国際交流活動に対する助成」の助成先に関する公募を開始したことを発表した。
公益財団法人三井住友海上文化財団は1988年10月に設立され、これまでも文化・芸術の振興や国際交流の促進を目的としてさまざまな事業を行ってきた。
その中でも2020年度はコンサートを全国30ヶ所程度と文化活動10件程度を募集する。
文化や芸術の振興を目的に
三井住友海上火災保険株式会社が募集している「地域住民のためのコンサート」は、地域における文化振興の支援を目的とし、クラシック音楽と邦楽(和楽器)の上質なコンサートを開催している。
都道府県、市町村、公益財団法人三井住友海上文化財団の三者共催となり、応募する市町村は会場の状況や希望プログラム等を申込書に記入して、各都道府県の文化担当部局課へ提出。結果は選考のうえ、10月中旬を目途に決定するとのこと。
併せて「文化の国際交流活動に対する助成」は音楽や郷土芸能で地域の文化振興および国際交流を推進するアマチュア団体に付与されるもので、1件につき50万円の助成となる。
応募は10月1日から受け付け、選考後2020年2月上旬を目途に決定するとのこと。
三井住友海上火災保険株式会社および公益財団法人三井住友海上文化財団は、今後も音楽と郷土芸能の支援を通じて、地域における文化振興および国際交流の促進に貢献していきたいと意欲的である。
(画像は三井住友海上火災保険株式会社ホームページより)


▼外部リンク
三井住友海上火災保険株式会社ニュースリリース
https://www.ms-ins.com/news/fy2019/pdf/0809_1.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:三井住友海上
(記事提供:スーパー・アカデミー)