あいおいニッセイ同和損保、テレマティクスを活用し業界初の事故対応システムを開発

各社最新技術とテレマティクス情報を複合して開発

あいおいニッセイ同和損保は8月9日、野村綜合研究所など7社と共同で、テレマティクス技術を活用した事故対応サービス「テレマティクス損害サービスシステム」を開発したと発表した。

革新的で高度な事故対応へと変革

このシステムでは、車両・デバイスから得られる走行データ、運転挙動、位置情報などのデジタルデータを活用する。
これにより、従来の電話や書類による事故対応から、デジタルデータを活用した事故対応へと大きく変革。保険請求手続きの大幅軽減や、より良いサービスを実現する。
具体的には、顧客が事故を起こすと、各種データが車両の衝撃を検知して保険会社に知らせるため、迅速な事故受付ができる。事故の場所や状況は、各種デジタルデータにより可視化される。さらに過失・示談交渉は、ドライブレコーダーの映像などの情報に基づいたものへと変わる。

新機能を順次導入

同社は今年4月に「運転軌跡」「標準」「速度」「天候」等の可視化を実現した。今年10月からは、精度の高い事故検知の導入を予定。来年上期には、相手車両・周辺環境を含む事故状況の把握および、過失割合の判定サポートを導入するとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
あいおいニッセイ同和損保 ニュースリリース
https://www.aioinissaydowa.co.jp/news_2019080800607.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:あいおいニッセイ同和損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)