東京海上日動、ドレミングと業務提携へ

給与即時払いのインフラを活用した保険加入の実現を目指す

東京海上日動火災保険株式会社は2019年8月13日、ドレミング株式会社と業務提携役を締結、給与即時払いのインフラを活用した迅速かつ効率的な保険加入の実現を目指すことを発表した。
両社は、今回提携された業務提携契約を通じて、ドレミング社が有するデータを活用して、同社の勤怠連動型給与自動計算システム「Doreming」のアプリ上で、簡易に保険加入できるビジネスモデルを共同開発していく。

中小企業の生産性向上を目指す

業務提携の第1弾として、「Doreming」利用企業に対して、けがや病気で従業員が就業不能となった際に補償を受けることができる「所得補償保険」や、緊急医療相談などを電話で受けることのできる「メディカルアシストサービス」を簡単に利用することができる仕組みの構築を検討していくとのこと。
昨今、人手不足が進行しており、中小企業を中心として生産性向上が重要な経営課題と意識されている。少子高齢化や働き方の多様化が今後も進行していく中で、この傾向はますます強くなっていくと考えられる。
ドレミング株式会社は、勤怠管理から給与計算や、モバイルによるリアルタイム給与決済までをワンストップサービスとして提供する新たなプラットフォーム「Doreming」を提供している。
(画像は東京海上日動HPより)


▼外部リンク
東京海上日動火災保険株式会社、ドレミング株式会社のプレスリリース
https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:東京海上日動
(記事提供:スーパー・アカデミー)