第一生命、スマホで完結する「レジャー保険」を販売

Webアプリ「Snap Insurance(商業出願中)」を開発
第一生命保険株式会社は2019年8月15日、スマートフォン完結型のデジタルチャネルによる少額短期保険の販売をスタートすると発表した。
今回第一生命は、少額短期保険業者のスタートアップ企業、株式会社justInCaseの保険販売代理店として、若年層のアクティブな活動を応援するために、さまざまなレジャーのリスクを保証するレジャー保険の販売を開始する。

必要なときだけ、スマホで簡単に

これは、第一生命が開発した、若年層のニーズを捉えた商品やサービスの提供に向けた取り組みの一環として、スマートフォンやタブレットを利用してチャット形式で、ダイレクトに保険商品の申し込みや保険金の請求手続きが完結するWebアプリ「Snap Insurance(商標出願中)」を利用するもの。
「Snap Insurance」は、キャンプやフェスなど、短期間のレジャーに行く際に、さまざまなリスクに備えて「必要なときだけ」、「スマホで簡単に」、「仲間と一緒に」をコンセプトとして、アプリ完結型のオンデマンド保険を提供する。
手続きの1時間後から24時間単位で、最大28日まで加入手続きが可能で、保険料は81円からとなっている。さらにチャット形式で情報入力ができて簡単に申し込みが完結する上、保険金の請求もスマホで手続きが完結する。
(画像は第一生命保険株式会社HPより)


▼外部リンク
第一生命保険株式会社のプレスリリース
https://www.dai-ichi-life.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)