あいおいニッセイ同和損保、介護福祉スタートアップ「ウェルモ」と資本・業務提携

介護福祉領域の課題を解決

あいおいニッセイ同和損保は8月22日、介護福祉関連のスタートアップ企業「ウェルモ」に2億円を出資し、同社との資本・業務提携契約を締結したと発表した。
介護福祉において課題となっているケアテック(Care Technology)の開発と普及を進め、介護福祉領域の課題解決に取り組む考えだ。

ケアテックの普及と開発へ

ケアテックとはCare(介護・福祉・医療)とTechnology(技術)との造語で、介護の従事者および介護サービス利用者の負担を軽減する技術だ。
同社が今回資本・業務提携したウェルモは、ソーシャルインクルージョンカンパニーとして、ICTや先端技術による社会課題の解決に力を注ぐ企業だ。ケアプラン作成を人工知能で支援する「CPA」や、介護福祉プラットフォーム「MILMO」などを開発し、提供している。
あいおいニッセイ同和損保では、ウェルモのケアテックが普及すれば、最終的に、介護サービスの利用者側の利用環境や身体状況も改善すると見込んでいる。
ケアテックにより、介護従事者の負担が軽減し、離職率も低減することで、介護サービスがより高品質になるからだ。今後同社は、ケアテックを取り入れた保険商品やサービスの研究も行うとしている。
(画像はあいおいニッセイ同和損保ホームページより)


▼外部リンク
あいおいニッセイ同和損保 ニュースリリース
https://www.aioinissaydowa.co.jp/news_2019082100609.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:あいおいニッセイ同和損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)