楽天損保、神奈川県と自転車等の交通安全の促進に関する協定を締結

安全・安心なサイクルライフのために
楽天損害保険株式会社は9月6日、神奈川県と自転車等の交通安全の促進に関する協定を締結したことを発表した。締結日は2019年9月5日(木)。
神奈川県では、自転車対歩行者の交通事故の増加や重大事故の発生、全国での自転車事故加害者への高額賠償事例などから、自転車の安全で適正な利用の促進と自転車損害賠償責任保険等の加入の義務化を柱とした条例を制定している。
同社は協定を通じてこの「自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」の周知を始めとした、自転車保険の情報提供や加入促進、交通安全教育等に神奈川県と連携・協力していく。
「サイクルアシスト」で補償
楽天損害保険株式会社は自転車ユーザー向け傷害総合保険「サイクルアシスト」を販売している。
「サイクルアシスト」は、交通事故によるケガの補償はもちろん、自転車事故以外の日常生活における事故による賠償責任も補償するのが特徴的で、安価な保険料ながら充実の補償内容を備えており、オリコンの顧客満足度調査委において2019年の自転車保険部門第一位を獲得している。
同社ではこういった商品の紹介等を通じ、神奈川県民の安全・安心なサイクルライフの実現を目指して今後も自治体と緊密に連携し、自転車の安全利用に貢献していきたいと意欲的である。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
楽天損害保険株式会社ニュースリリース
https://www.rakuten-sonpo.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)