損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、「パラマウントチャレンジカヌー」開催

パラカヌー選手も参加
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社は9月6日、2019年8月31日に自社の社員を対象とした「パラマウントチャレンジカヌー」を開催したことを発表した。
「パラマウントチャレンジカヌー」とは、日本障がい者カヌー協会が開催するカヌー体験イベント。同社ではこのイベントを通じてパラカヌーの普及拡大を目的としており、まずは自社の社員から体験してもらったとのこと。
同社は日本障がい者カヌー協会に協賛しており、当日はパラカヌーの選手も参加して障がいがあってもなくても皆で一緒に楽しめるカヌー体験イベントとなった。
カヌー体験を楽しむ
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社が開催した「パラマウントチャレンジカヌー」イベントには、パラカヌー選手の加藤選手、高木選手、冨岡選手、一般の障がい者、日本障がい者カヌー協会会員、そして同社社員およびその家族を含めた総勢約50名が参加した。
イベントではまずカヌー初心者に向けたカヌーの乗り方講座を実施。障がい者がカヌーに乗る際に、スポンジ等を用いて体を固定するフィッティング作業について参加者全員で学んだ。
その後は、霞ヶ浦でのカヌー体験やチーム分けをしてのゲーム形式のカヌーリレー、そして参加者全員で霞ヶ浦の水面および周辺の環境保全活動に取り組んだ。
同社ではこういったイベントを通じ、今後も障がい者スポーツに参加、応援する機会を創出し、「健康応援企業」としての取り組みを続けていきたいと意欲的である。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社ニュースリリース
https://www.himawari-life.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)