2020年度「全国統一防火標語」募集! 日本損害保険協会

入選作品は賞金10万円・防火ポスターに採用

日本損害保険協会は9月13日から、消防庁とともに2020年度「全国統一防火標語」を募集している。入選作品は、賞金10万円の贈呈とともに、若手芸能人をモデルに起用した防火ポスターに採用される。
消防庁の統計によると、昨年の火災発生件数は37,900件、総死者数は1,422人となり、ともに前年よりは減少しているものの依然として被害は多い。
同協会では、防火標語を通じて防火意識を向上させたいとし、防火の大切さやポイント、日頃の心がけなどを簡潔に表現した斬新な作品を募集している。昨年は、「ひとつずつ いいね!で確認 火の用心」という標語が採用された。

2020年度「全国統一防火標語」募集要項

締め切りは、11月30日(土)23:59。応募は、日本損害保険協会ホームページの「防火標語 募集」特設サイトより(電話やハガキでの応募は無効となる)。1回の送信につき1作品を応募でき、1人何度でも応募可。
入選1点には賞金10万円が贈られ、作品は防火ポスターに掲載される。佳作4点には賞金1万円ずつ、奨励賞20作品にはQUOカード1,000円分が贈られる。
作品の最終選考委員は、作家の村山由佳さん、消防庁関係者、日本損害保険協会関係者。
(画像は日本損害保険協会 ホームページより)


▼外部リンク
日本損害保険協会 ニュースリリース
http://www.sonpo.or.jp/news/release/2019/1909_02.html
「防火標語 募集」特設サイト
https://www8.webcas.net/form/pub/bouka/lp
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)