損保ジャパン日本興亜、加茂市との包括連携協定締結

地域創生に関して
損害保険ジャパン日本興亜株式会社は10月4日、加茂市との包括協定が締結したことを発表した。
協定は加茂市が掲げる「市民参加型の市政」の実現に向けた取り組みに貢献する内容となっており、発表と同日の2019年10月4日に締結。
加茂市は古くより北越の小京都と呼ばれた新潟県のほぼ中央に位置するまち。自然的、歴史的な景観に恵まれており、福祉・教育・産業・文化・スポーツに力を入れている。
また、2019年5月にじつに24年ぶりの市長交代があり、新市長は開かれた透明性のある市政を目指して、官民一体での市民の健康づくり促進、自然災害に備えたハザードマップの作成など市の活力につながる施策を推進している。
同社との協定もその一環であり、地域創生地域活性化に貢献するとのこと。
地域が繁栄していくために
損害保険ジャパン日本興亜株式会社は新潟県におけるトップシェアの損害保険会社である。
その強みを活かし、協定では加茂市に地域産業の安定的な繁栄につながるノウハウの提供や、市民サービスの向上、地域の活性化に役立つ連携を提案した。
同社は特に地域の安全安心、地域産業の振興、市民の健康増進、女性活躍推進に関することに協力を約束しており、今後も地方自治体と連携して自律的で持続的な社会を創生することに貢献していきたいとのこと。
(画像は害保険ジャパン日本興亜株式会社ホームページより)


▼外部リンク
害保険ジャパン日本興亜株式会社ニュースリリース
https://www.sjnk.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン日本興亜
(記事提供:スーパー・アカデミー)