損保ジャパン日本興亜、「ながぎん自転車のお守り」販売開始

自転車損害賠償保険の加入義務をうけて
損害保険ジャパン日本興亜株式会社は11月1日、「ながぎん自転車のお守り」の引受保険会社に選定されたことを発表した。
「ながぎん自転車のお守り」は、 株式会社長野銀行が同日2019年11月1日より販売を開始する傷害総合保険。
2019年3月18日に長野県が「長野県自転車の安全で快適な利用に関する条例」を施行し、同年10月1日より「自転車損害賠償保険等」への加入が義務化されたことをうけて開発された。
同行は「ながぎん自転車のお守り」で自転車事故の被害者救済および万が一加害者となった場合の経済的負担軽減を目的としている。
長野銀行を利用している人が対象
損害保険ジャパン日本興亜株式会社が引受保険会社に選定された「ながぎん自転車のお守り」は、保険契約者を株式会社長野銀行とし、加入対象者を同行に預金口座を持っている人としている。
また被保険者は同行に預金口座を持っている人本人か、もしくはその家族となり、範囲は配偶者、子供、両親、兄弟姉妹および同居の親族となる。
補償内容は大きく分けて賠償責任補償と傷害補償の2つがあり、他にも弁護士費用補償がセットされたプランもある。
同社では今後も自転車事故の備えとなる保険商品やサービス、情報の提供を通じて、顧客が安全で快適に自転車を利用できる環境づくりに貢献していきたいとのこと。
(画像は損害保険ジャパン日本興亜株式会社ホームページより)


▼外部リンク
損害保険ジャパン日本興亜株式会社ニュースリリース
https://www.sjnk.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン日本興亜
(記事提供:スーパー・アカデミー)