アクサ生命、マイセラピーの広告キャンペーンスタート

サポートサービスも充実
アクサ生命保険株式会社は11月11日、自社で販売しているガン治療保険『アクサの「治療保障」のがん保険マイ・セラピー』の広告キャンペーンとCM放映をスタートしたことを発表した。
同保険は2019年4月より販売を開始した商品で、がんに対する治療技術の進歩に合わせて顧客が最新かつ最適ながん治療を受けられるよう従来の商品から保障内容を拡充したもの。
またそれだけではなく、治療と日々の生活を両立できるように「がん治療総合窓口ダイヤル」や「生活支援サービス」といった新たな専用サポートサービスを導入している。
TVCMは同保険のこういった内容に沿っており、家族想いの父親ががんに罹患しても治療と仕事を両立、家族と共に歩む15年の歳月を描いている。また、CMのストーリー・テラーは同社のブランドアンバサダーをつとめる岡田将生さんである。
治療だけでなくその先の日々を
近年、がんの医療技術は大きく進歩している。それにより、がんは必ずしも死ぬ病ではなくなり、また抗がん剤治療技術の向上と併せて入院し通しではなく通院レベルで済む人も増えてきている。
そのため、現代においてがんは日々の生活を頑張りながら治す病気へと変化しつつある。
しかし、がん罹患者は通院治療をこなしながら職場や日常生活への復帰・見た目のケアを行っていくことが求められ、それに伴う新たな課題や悩みも増えてきている。
アクサ生命保険株式会社はガン治療保険及びその広告やCMを通じてがん罹患の顧客に常に寄り添い、また顧客が自らの力で前に進むことをサポートする企業であることを訴えていきたいとのこと。
(画像はアクサ生命保険株式会社ホームページより)


▼外部リンク
アクサ生命保険株式会社ニュースリリース
http://www2.axa.co.jp/info/news/2019/pdf/191111.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アクサ生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)