あいおいニッセイ同和損保、ダイハツ「タント」の車両保険料に10%割引を適用

「タント」を耐損傷性・修理性割引の対象車に認定

あいおいニッセイ同和損保は12月2日、ダイハツ「タント」を同社の「ドーン!とおまかせ」の対象車に認定し、車両保険料に10%割引を適用すると発表した。
同社とダイハツ工業はこれまで、クルマの修理費負担低減に共同で取り組んできた。
この取り組みにより、ダイハツでは「簡便廉価な修理方法提供と部品供給」などいくつかの改善項目を設け、これを新世代のクルマづくり第1弾の「タント」に取り入れた。この結果、タントはD&R(壊れにくさ・修理しやすさ)性能の向上と予防安全機能の進化を図ることに成功。
これを受け、あいおいニッセイ同和損保では、同社の耐損傷性・修理性割引「ドーン!とおまかせ」の対象車種に自家用軽四輪乗用車を追加し、タントを適用第1号とした。
これによりタントは一定の条件のもと、車両保険料に10%割引が適用されることとなった。タントの適用型式は、LA650S、LA660Sとなる。

「ドーン!とおまかせ」とは

あいおいニッセイ同和損保の「ドーン!とおまかせ」は、合理的な車両保険料の設定を目的とした耐損傷性・修理性割引。同社実験施設で衝突実験を行い、新型車のD&R性能を測定し評価している。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
あいおいニッセイ同和損保 ニュースリリース
https://www.aioinissaydowa.co.jp/news_2019112900631.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:あいおいニッセイ同和損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)