東京海上日動、海外旅行保険に新サービスを付帯

Wi-Fiルーターなどのレンタルサービス利用料金を割引
東京海上日動火災保険株式会社は、2020年4月より同社の海外旅行保険に、海外旅行や海外出張をより快適なものとする、新たなサービスを付帯する。
これは、株式会社ビジョン(以下、「ビジョン」)と株式会社O:(以下、「O:」)が展開しているサービスを提供するというもので、同社の海外旅行保険の契約者に対して、Wi-Fiルーターなどの各種レンタルサービスを割安で、また時差ボケ防止サービス「O:SLEEP」を申し込みから1カ月無料で提供するといった内容となっている。

時差ボケ防止サービス「O:SLEEP」を1カ月間無料で

東京海上日動は、日本からは年間に延べ1,900万人が海外へ渡航していることや、その数が増加傾向にあることを背景として、現地のインターネット環境や時差ボケなど、渡航者が抱える問題の解決に向けて支援する目的で、海外旅行保険の保険付帯サービスの充実を検討してきた。
2020年4月より、海外に渡航する人の活動をサポートし、パフォーマンス向上につなげるサービスとして、ビジョンが提供している各種レンタルサービス料金の25パーセント割引および受け渡し手数料の無料化、そしてO:が提供している時差ボケ防止サービスをWi-Fiルーターの、1カ月無料での提供などが導入される。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
東京海上日動火災保険株式会社のプレスリリース
https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:東京海上日動
(記事提供:スーパー・アカデミー)