「年金新時代」、百五銀行でも販売開始

据え置き期間中の支払率を抑えて年金原資を大きく

日本生命グループのニッセイ・ウェルス生命保険株式会社(以下「ニッセイ・ウェルス生命」)は12月2日、百五銀行を通じて「年金新時代」の販売を開始した。
「年金新時代」は生存中の保障を重視した個人年金保険で、保険料の支払いは一時払いのみ。充実したセカンドライフに備えて円、米ドル、または豪ドルで資産を運用する。年金の受け取りを開始するまでの期間の死亡給付金額や解約払戻金額を抑え、年金原資を大きくする特徴がある。
この商品では契約時に指定通貨での年金原資が確定し、据え置き期間は円建ての場合は5~20年で4種類から選択、ドルの場合は3~10年で、1年単位の設定ができる。
年金の受け取りは10年間の確定年金か一時払いの2種類。指定通貨が外貨の場合も、為替手数料なしで円での受け取りができる。

最高92歳まで加入可能、長生きしながらふやす

「年金新時代」は人生100年時代の到来をにらみ、長生きに備えるために最高92歳までの加入が可能。
ニッセイ・ウェルス生命ではこれからも、多様化する顧客のニーズにきめ細かに応える商品やサービスを提供していく方針だ。
(画像は商品パンフレットより)


▼外部リンク
ニッセイ・ウェルス生命 リリース
https://www.nw-life.co.jp/news/release/pdf/n191202.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:ニッセイ・ウェルス生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)