アクサ生命、おいしい健康推進の動画を共同開発

著名フレンチシェフの監修で異色のコラボが実現

アクサ生命保険株式会社(以下「アクサ生命」)は1月10日、健康経営を実践する企業・団体向けに、「食を通じて健康になる」ことをコンセプトとした動画を開発したと発表した。
1月14日から提供された動画では、フレンチシェフの松嶋啓介氏が自身の食と健康についての考え方を説明し、誰でも気軽に作れるレシピを具体的に紹介する。
松嶋シェフは2002年にフランスのニースでレストランを開店し、外国人としては最年少でミシュランの一つ星を獲得。フランス政府から芸術文化勲章等を受賞し、斬新な料理で評判が高い。

各地の食材を活かして多くの人が楽しめるレシピを

松嶋シェフは食を通じた健康づくりにはおいしさが欠かせないと考える。おいしいから続けることができ、続けられるから健康になる。
動画では今後、日本各地の食材を活かして、より多くの人に楽しんでもらえるレシピを提案していく計画。
アクサ生命は健康経営支援の活動の中で動画を提供し、全国で健康づくりの輪を広げていく方針。制作は動画を通じて知識やノウハウの共有を目指す、株式会社soeasyが担当した。
(画像はpixabay.comより)


▼外部リンク
アクサ生命 リリース
http://www2.axa.co.jp/info/news/2019/pdf/200110.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アクサ生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)