ソニー損保、「手話・筆談サービス」が契約前や契約手続時も利用可に

サービスの提供対象を拡大

ソニー損保では1月14日から、「手話・筆談サービス」の提供対象が拡大され、契約前や契約手続き時にも同サービスを利用できるようになった。
「手話・筆談サービス」は、耳や言葉の不自由な人と速やかなコミュニケーションができるようにと2019年9月に開始された。
当初は事故対応サービス、ロードサービス、保険金請求手続きなどを対象としていたが、1月14日から提供対象を拡大。保険商品に関する問い合わせや相談、契約内容変更手続きなどにも同サービスを利用できるようになった。

「手話・筆談サービス」の概要

「手話・筆談サービス」には、株式会社プラスヴォイスが提供する手話・筆談通訳サービスを利用し、プラスヴォイスのオペレーターを介してソニー損保と連絡をとる。
同サービスの対象は、自動車保険・医療保険・火災保険における契約検討時の問い合わせから保険金請求手続きに至るまで。サービス提供時間は9時~20時(※医療保険を検討中の問い合わせ窓口のみ9時~18時)で、土・日・休日も対応する。
サービスを利用するには、同社ウェブサイトの問い合わせ先一覧ページの「耳や言葉の不自由なお客様へ」を選択する。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
ソニー損保 トピックス
https://from.sonysonpo.co.jp/2020/01/20200115.html
●この記事に関連したニュースカテゴリ:ソニー損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)