三井住友海上、「ヤフオク!修理保険」の提供開始

インシュアテック推進の協業から、新商品登場

三井住友海上火災保険株式会社(以下「三井住友海上」)は1月17日、「ヤフオク!修理保険」の提供を開始したと発表した。
三井住友海上はヤフー株式会社(以下「ヤフー」)と、損害賠償保険領域におけるインシュアテック推進に取り組んでいる。両社は2007年にヤフー利用者が気軽に加入できる「ちょこっと保険」を共同開発した実績もある。
今回の新商品はヤフーが運営するオークションで落札された家電等を対象に、修理サービスを提供する。「家電修理保険」と「スマホ修理保険」の2種類があり、補償期間もそれぞれ3種類から選べる。

家電の補償3カ月なら、料金はわずか300円から

ヤフオクで購入した商品が補償期間中に偶然に故障した場合、新サービスでは限度額以内の破損を修繕して返送。家電は外的な事故なしでも電気的または機械的な故障が補償の対象となる。
例えばスマホを落札し、「スマホ修理保険」に加入。保険金額は落札価格か2万円、いずれか低い方となる。
保険料は落札価格や保険の種類、補償期間によって異なるが、家電で3カ月の補償期間の場合、最低300円からとなっている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
三井住友海上 リリース
https://www.ms-ins.com/news/fy2019//pdf/0117_1.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:三井住友海上
(記事提供:スーパー・アカデミー)