フコク生命、「すまいる・ぎゃらりー」開催

特別支援学校の生徒作品展
富国生命保険相互会社は1月17日、同社の内幸町本社ビルにおいて「すまいる・ぎゃらりー」を開催することを発表した。
「すまいる・ぎゃらりー」は、同社が2012年度より実施している企画。障がいのある子どもたちのアート制作を応援する活動の一環として、全国の特別支援学校生徒の美術作品を展示している。
今回は初出展となる筑波大学附属聴覚特別支援学校高等部専攻科造形芸術科の作品が展示され、本社ビル地下2階の商店街壁面を華やかに彩る。
開催期間は2020年2月12日(水)から3月6日(金)まで、開場時間は7:30~23:00までだが、日曜と祝日は休館となるので注意が必要である。
訪問コンサートを通じて
富国生命保険相互会社が実施している「すまいる・ぎゃらりー」は同じく同社が継続して行っている「訪問コンサート」を通じた縁でつながった企画である。
「訪問コンサート」は、同社が2002年度より特別支援学校や障がい者施設などを訪問して音楽家や同社社員といっしょに作り上げているコンサート。
この交流の中から「すまいる・ぎゃらりー」への美術作品出展も行われており、同社は「すまいる・ぎゃらりー」への出展作品を使用したカレンダーの作成や、カレンダーを顧客へ配布するといった活動も行っている。
(画像は富国生命保険相互会社ホームページより)


▼外部リンク
富国生命保険相互会社ニュースリリース
https://www.fukoku-life.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:フコク生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)