東京海上日動、全国のファミリーマートで「ちょいのり保険(1日自動車保険)」販売開始

運転免許はあるが車を所有しない若年層に

東京海上日動は2020年1月21日より、全国約1万6300店舗のファミリーマートにおいて、「ちょいのり保険(1日自動車保険)」の販売を開始した。
「ちょいのり保険(1日自動車保険)」は、運転免許を保有しているものの、自身の車を所有していない若年層の無保険運転対策、および潜在的な運転機会の創出に寄与することを目的として、東京海上日動が開発し、2012年より販売しており、これまでに500万県以上の累計利用申込件数を誇る。
「FamiPay」で決済、ペーパーレスで保険加入
「ちょいのり保険」は、事前に専用WEBページから必要な情報を登録しておけば、ファミリーマートのレジにおいてスマートフォン等を用いて受け付けが可能であり、ペーパーレスかつスピーディーに加入することができる。
ファミリーマートは2003年より東京海上日動と共同で、バイク向け自賠責保険の販売を行ってきたが、今回、「ちょいのり保険」の販売開始と同時に、「FamiPay」によるキャッシュレスでの決済も可能となった。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
東京海上日動火災保険株式会社、株式会社ファミリーマートのプレスリリース
https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:東京海上日動
(記事提供:スーパー・アカデミー)