SOMPOひまわり生命、認知症対策のアプリを提供開始

早期発見・認知機能改善・維持をトータルに支援

SOMPOひまわり生命保険株式会社(以下「SOMPOひまわり生命」)は1月22日、米国のスタートアップと共同で、「ニューロトラック 脳ケア」サービスを開発したと発表した。
MCI(軽度認知障がい)や認知症高齢者の増加に関連して社会的な課題の増加が予想される一方、認知症には早期発見と生活習慣の改善等が効果的であるとされている。
SOMPOひまわり生命が1月30日から提供するサービスは、手軽に利用できるスマホアプリで、認知機能の低下リスクの早期発見、機能の回復と維持をトータルに支援する。

生活習慣を分析して、それぞれに適したアドバイスを

新サービスでは目の動きから認知機能の状態を把握するテストを始め、複数の臨床研究に基づいた認知機能のチェックを行う。
食生活、運動、睡眠、ストレス管理、脳のトレーニング、交友関係の6つの分野で日常生活習慣について質問を行い、各人に適した改善項目を提案していく。
SOMPOひまわり生命はMCIの段階で一時金が受け取れる「笑顔をまもる認知症保険」も販売しており、認知機能低下に備えられるサービスも一体で提供している。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
SOMPOひまわり生命 リリース
https://www.himawari-life.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:SOMPOひまわり生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)