SBIいきいき少短、お役立ち情報に「相続税を少しでも安くしたい!」を公開

「身近な税金のこと」第17回 今回は相続税

SBIいきいき少額短期保険は1月17日、同社ホームページのお役立ち情報「身近な税金のこと」に、第17回「相続税を少しでも安くしたい!その方法は?」を公開した。
相続については、2019年に民法の一部が改正・施行された。そこで今回は、相続を検討する際に認識すべきテーマを紹介している。
解説は、税理士法人新宿総合会計事務所の税理士、伏木栄太郎さん。「お年寄りの味方」という丁寧でわかりやすい税務相談が、高齢者に好評だ。

相続税を節税したい 実際どうする?

今回公開された内容によると、相続税の節税には3つの方法があるという。3つ方法のうちのひとつは「贈与」だが、この「贈与」についても2つの方法があるとのこと。
その2つの方法とは、「還暦贈与」と「相続時精算課税」という耳慣れない方法だ。
2つの方法については、状況や要望に応じて検討する必要があるとして、それぞれの方法のメリットやデメリットなどの要点を表にまとめている。
また、2つの方法を選択する場合の注意点についても説明し、疑問が生じた場合は専門家に相談してほしいとしている。
(画像はSBIいきいき少額短期保険ホームページより)


▼外部リンク
SBIいきいき少額短期保険 お知らせ
https://www.i-sedai.com/contents/tax/017.html
●この記事に関連したニュースカテゴリ:SBIいきいき少額短期保険
(記事提供:スーパー・アカデミー)