アフラック、今年も「アフラックのバレンタイン献血」を実施

毎年2月に全国各地で実施

アフラック生命保険株式会社は2020年1月27日、「アフラックのバレンタイン献血」を実施することを発表した。
これはアフラックと同社の販売代理店組織「アフラック全国アソシエイツ会」が共同で実施しているもの。1995年にスタートして以来、毎年2月を「バレンタイン献血月間」として、全国各地で実施している。

阪神淡路大震災への支援活動としてスタート、今年で26年目

同社は1995年の阪神淡路大震災への支援活動として、同年にバレンタイン献血を開始し、今年で26年目を迎える。風邪やインフルエンザの流行する冬季、特に2月には全国的に献血者が激減し、年間で最も血液が不足する時期であることから、毎年2月に同活動を継続的に実施している。
今年の開催は、東京では2020年2月6日(木)に新宿三井ビル、同13日(木)および14日(金)に調布アフラックスクエア、大阪では同13日(木)に淀屋橋センタービルが公表されているほか、全国各地のアソシエイツ会にて適宜開催されるとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
アフラック生命保険株式会社のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アフラック
(記事提供:スーパー・アカデミー)