SBIいきいき少短、保有契約件数10万件を突破

過去最速ペースで
SBIいきいき少額短期保険株式会社は1月31日、自社の保有契約件数が2019年12月末時点で10万件を突破したことを発表した。
同社は2013年3月にSBIグループに加入、「手ごろな保険料で、必要な保障を」という顧客の声に添った商品の開発・販売を続けてきた。
グループ加入後の保有契約件数は毎年度20%前後の伸び率を保ちながら過去最速ペースで増加。特に「終活」や「ペットの家族化」といった家族の在り方、生き方の多様性に合った商品が人気を集め、シニア世代に好評の死亡保険やペット保険が充実したこともあり保有件数を伸ばした。
手ごろな保険料も好評
SBIいきいき少額短期保険株式会社の商品は、顧客ニーズに合っていることはもちろん、保険料が手ごろであることも人気である。
例えばお葬式代などの万が一の費用に備えられる100万円の死亡保険コースなら50歳女性が490円、男性なら880円と月額1000円にも満たない。同じ内容で被保険者に持病があった場合でも、50歳女性が1,100円、男性が1,880円と安価である。
また、2019年10月には近年高まりをみせる自然災害への備えにぴったりな地震補償保険の販売を開始。地震被災からの再スタートのために備える費用として人気である。
同社では今後も顧客一人ひとりのより良い人生を応援するために保険商品やサービスの開発、提供はもちろん、今あるサービスをより顧客のために改善することに努めていきたいとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
SBIいきいき少額短期保険株式会社ニュースリリース
https://www.i-sedai.com/pdf/PressRelease200131.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:SBIいきいき少額短期保険
(記事提供:スーパー・アカデミー)