アニコム損保、「人気犬種ランキング2020」を発表

1位は「トイ・プードル」、11連覇!

アニコム損害保険株式会社は2020年2月4日、「人気犬種ランキング2020」を発表した。
アニコム損保は2008年より毎年、「人気犬種ランキング」を発表している。今回1位に輝いたのは「トイ・プードル」で、これで11連覇となり、不動の人気を証明した。2以下には「チワワ」、「MIX犬(体重10kg未満)」、「柴犬」、「ミニチュア・ダックスフンド」などがランクインした。
トップ3に入った犬種の割合はそれぞれ「トイ・プードル」(20.7パーセント)、「チワワ」(15.7パーセント)、「MIX犬(体重10kg未満)」(12.0パーセント)であり、この3犬種だけで全体の半数以上を占めていた。

主流は小型犬、でも大型犬も人気上昇

またトップ10にランクインした犬種を見ると、ほぼ全てが小型犬であり、ランキングも9位と10位が入れ替わっていたものの、同じ犬種が並んでいた。
一方11~30位以降では、大型犬もランクインしている。前回までは大型犬が4種類だったのに対して、今回は5種類に増えている。
個々の犬種を見ても、前回21位だった「ラブラドール・レトリーバー」が今回は15位、前回トップ30位圏外だった「秋田犬」と「シベリアンハスキー」がそれぞれ29位と30位にランクインしていた。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
アニコム損害保険株式会社のプレスリリース
https://www.anicom-sompo.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アニコム損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)