明治安田生命、MCI発見の重要性を伝える新CM放映

早期発見で認知症への進行を抑制、機能回復も

明治安田生命保険株式会社(以下「明治安田生命」)は2月1日、新作CMの放映を開始した。
このCMは新商品「認知症ケアMCIプラス」のPRを目的として、MCI(Mild Cognitive Impairment: 軽度認知障害)発見の重要性を伝える。段階的に進行する認知症では認知症になる前のMCIが発見できれば、認知症への進行予防や健常な状態への機能回復も可能だという。
新作CMには俳優の松坂桃季さんが登場し、認知症が気になる熟年男性との会話を通じて、MCIの発見がとても大事であることを伝える。
認知症保障とMCI保障をセットに、サービスも充実
新商品の「認知症ケアMCIプラス」は「みんなの健活プロジェクト」の第2弾商品で、認知症保障にMCI保障を加え、発症後のサービスも充実している。
人生100年時代を迎え、認知機能の低下は誰もが直面するリスク。
明治安田生命では全従業員の「認知症サポーター」養成を目指しており、今後も健康に向けた前向きな活動に取り組んでいく方針だ。
(画像は明治安田生命公式サイトより)


▼外部リンク
明治安田生命 リリース
https://www.meijiyasuda.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:明治安田生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)