憧れの田舎生活、準備費用はどれくらい?

自然に囲まれてのびのびと暮らしたい人に

SBI生命保険株式会社(以下「SBI生命」)は2月3日、地方への移住に焦点を当てて、「わたしがもっと素敵になる、くらしとお金のヒント」の第23話を公開した。
実は今、地方への移住希望者が年々増加している。東京で地方移住を支援する「ふるさと回帰支援センター」によると、特に2014年頃からセミナーの参加者や移住の問い合わせをする人が増加し、2018年には相談件数が4万件を超えたという。
将来は自然に囲まれてのびのびと暮らしたいと思う人にとって、実際の移住はどんななのか。第23話は地方移住のメリットとデメリット、必要な初期費用等を解説する。

国や地方自治体の支援制度があり、起業の補助金も

移住を希望する人は山あり谷ありの人生の大半を乗りこえて、理想の引退生活を夢見る中高年だろうか。
前出のセンターによると2018年の時点で、移住希望者の中で最も多かったのは30代の28.9%、続いて40代の21.9%。20代以下の若い世代でも、希望者が増加傾向だという。
第23話は移住に必要な費用の概算方法を具体的に示し、補助金制度や支援制度にも触れる。
(画像はpixabay.comより)


▼外部リンク
SBI生命 コンテンツシリーズ 第23話
https://www.sbilife.co.jp/knowledge/hint/index23.html
●この記事に関連したニュースカテゴリ:SBI生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)