保険市場、2020年2月版の月間資料請求ランキングを発表

2月版の最多ランクインは東京海上日動あんしん生命

アドバンスクリエイトは2月13日、同社が運営する国内最大級の保険選びサイト「保険市場」にて、2020年2月版の「月間資料請求ランキング」を発表した。
これによると、2月版で最も多くの商品がランクインした保険会社は、5アイテムがランクインした東京海上日動あんしん生命となった。なお、2月版のランキングは2020年1月1日~1月31日に「保険市場」を経由して資料請求された件数に基づいている。
保険市場の「資料請求ランキング」では、月間や、年間、保険カテゴリ別、年代別など、さまざまなランキングを発表している。同社では、保険を検討する際に活用してほしいとしている。

新カテゴリ「治療実費型のがん保険」登場

2月版では、「治療実費型のがん保険」という新たなカテゴリが登場した。
この保険は、がんの治療のために実際にかかった費用を負担するというものだ。先進医療や自由診療を受けた場合も全額が保障され、退院後の補助療法も保障されるというものもある。
だが、がんの治療目的での入院や通院のみが保障の範囲となるため、差額ベッド代、交通費、雑費など治療費以外の費用は保障されない。
「治療実費型のがん保険」の資料請求1位はSBI損保、2位はセコム損保となった。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
アドバンスクリエイト ニュースリリース
https://www.advancecreate.co.jp/20200213_04_ranking.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)