マニュライフ生命、第14回全国高校生金融経済クイズ選手権優勝者決定

大阪代表の大阪府立北野高等学校が初優勝
マニュライフ生命保険株式会社は2月10日、同社がメインスポンサーをつとめる「マニュライフ生命カップ第14回エコノミクス甲子園全国大会」が開催されたこと、またその結果を発表した。
大会は2020年2月9日に東京都内で開催、大阪府立北野高等学校の2年生ペアが初出場で初優勝を飾った。
同大会は2名1チーム参加、地方大会には479校より1,207チーム2,414名が出場した。このうち全国大会には地方大会およびインターネット大会を制した46校の92名が出場筆記試験形式のクイズと実践形式のグループワークに取り組んだ後、9日の本選に臨んだ。
初出場高校は19校
マニュライフ生命保険株式会社がメインスポンサーをつとめる「マニュライフ生命カップ第14回エコノミクス甲子園全国大会」では、優勝チームに優勝トロフィーとニューヨーク・ボストン研修旅行が贈られる。
研修旅行ではニューヨーク証券取引所や同社のグループ会社であるジョン・ハンコックの本社を訪問する予定。
今大会では、優勝した大阪府立北野高等学校のような初出場高校は19校にのぼり、また参加した女子学生の数は大会史上最多の18名となった。
同社は意欲ある高校生たちに世の中の金融経済の仕組みを、クイズを通じて楽しみながら学んでもらうことを通じ、今後も次世代の金融リテラシー教育の推進に貢献していきたいとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
マニュライフ生命保険株式会社ニュースリリース
https://www.manulife.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:マニュライフ生命保険株式会社
(記事提供:スーパー・アカデミー)