SOMPOひまわり生命、「浜松ウェルネス・ラボ」に参加

健康寿命と幸福度で知られる浜松で、コンソーシアム

SOMPOひまわり生命保険株式会社(以下「SOMPOひまわり生命」)は2月19日、静岡県浜松市が組織する「浜松ウェルネス・ラボ」に参加すると発表した。
静岡県浜松市は2018年に全国の大都市の中で健康寿命や幸福度ランキングで1位になり、健康寿命に関心が高い都市として知られている。「浜松ウェルネス・ラボ」ではSOMPOひまわり生命やキリンHD、オムロンを含む6企業が連携して、地域の健康づくりに貢献する。
SOMPOひまわり生命はコンソーシアムにおいて、認知機能低下と糖尿病の予防で浜松市民に健康サービスを提供し、実証実験を行っていく。

病気になる前に、正しい知識・生活習慣を身につける

認知機能低下の予防分野では、高齢になる前に認知機能チェックや正しい生活習慣を身につけることの重要性について啓発するアプリを提供し、予防習慣の定着を検証する。
糖尿病の予備軍もまた、進行を防ぐために正しい血糖コントロールの知識が必要。血糖値モニタリングの機器やアプリを用いて、浜松市の糖尿病予備軍における血糖コントロール習慣の定着を検証していく。
(画像は浜松市公式ホームページより)


▼外部リンク
SOMPOひまわり生命 リリース
https://www.himawari-life.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:SOMPOひまわり生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)