太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ、5月2日にキックオフ

リオ五輪で初めて正式競技となった7人制ラグビー

太陽生命保険株式会社(以下「太陽生命」)は2月12日、「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2020」を特別協賛すると発表した。
この大会は日本ラグビーフットボール協会の主催で、ラグビー女子の日本代表候補の発掘や女子セブンズラグビーの知名度拡大等を目的としている。7人制ラグビーは2016年のリオ五輪から正式競技になり、日本の女子チームもアジア地区代表として出場。
今年のシリーズは5月2日に秩父宮ラグビー場で幕を開け、静岡大会、秋田大会と続き、第4戦の鈴鹿大会まで。前年度上位チームと入れ替え戦1位の合計12チームが出場する。

オフィシャルパートナーとして頑張る女性を応援!

太陽生命は2011年から青少年の健全な育成を願い、全国中学生ラグビーフットボール大会の特別協賛を開始した。2013年からはラグビー女子日本代表のオフィシャルパートナーにもなっている。
さらに全国U18女子セブンズラグビーフットボール大会の協賛を加えて、2014年から太陽生命ウィメンズセブンズシリーズの冠スポンサーとして、特別協賛を続けている。
(画像はpixabay.comより)


▼外部リンク
太陽生命 リリース
https://www.taiyo-seimei.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:太陽生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)