FWD富士生命、人生の「はじめて」を讃えるCM開始

人生の様々なステージにある初めての経験を思い切り

FWD富士生命保険株式会社(以下「FWD富士生命」)は2月17日、日本人で初めてインディカーレースで優勝した佐藤琢磨選手を起用した新CMの放映を開始した。
人生では就職や起業、結婚や出産等、様々な「はじめて」が各ステージに存在する。FWD富士生命ではそれらの「はじめて」を思い切り踏み出せるよう、「はじめては、一生続く。」をテーマにブランドキャンペーンを展開している。
第二弾となる今回のCMでは、チャレンジを裏で支えてくれる人への感謝を描き、佐藤選手の人間としての魅力も存分に伝える。さらにCMでは伝えきれない内容を、キャンペーンサイトで随時公開していく予定だ。

漠然と不安に備えるのではなく、今を生きるために

FWD富士生命は漠然と将来の不安に備える保険とは一線を画し、人々の保険に対する考え方を刷新することをビジョンに掲げている。
人生を謳歌するために保険に入る。FWD富士生命は誰もがそう考えるようになる世界を目指し、シンプルで分かりやすい商品やサービスを提供している。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
FWD富士生命 リリース
https://www.fwdfujilife.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:FWD富士生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)