明治安田生命、2020年度Jリーグウォーキングプログラム始動

専用アプリを展開
明治安田生命保険相互会社は2月21日、2020年度の「明治安田生命Jリーグウォーキングプログラム」を始動することを発表した。
同社はこれまでも自社で展開している「みんなの健活プロジェクト」の一環として公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)やJクラブ、Jリーグパートナー企業と協働し、顧客をはじめとする地域住民の健康サポートとなるべくイベント等を実施してきた。
2020年度はこれに加え専用アプリを利用したウォーキングプログラムを展開する。
これはアプリ内の企画を通じてウォーキングを続けることで健康づくりを行うことはもちろん、お気に入りのJクラブへの応援活動にも参加できるものとなっている。
ダウンロードは発表と同じく2020年2月21日より可能で、対応端末はiOS 10以上を搭載したiPhone 6以降の端末、もしくはAndroid 6.0以上を搭載したAndroid端末となる。
歩いて応援
明治安田生命保険相互会社が展開する「明治安田生命Jリーグウォーキングプログラム」専用アプリは、自分が所属するクラブを選択することで同じクラブに所属している全国のユーザーとグループとしてつながることが出来る。
アプリ内の企画はこのグループで参加することとなり、月に1回平均歩数を争う対抗戦に参加可能。対抗戦で上位にランクインしたグループにはポイントが付与され、ウォーキングを通じて得たポイントで所属クラブを応援する仕組みとなる。
具体的にはポイント上位になったクラブに対して同社とJリーグから経済的な活動サポートが入る。
同社ではアプリを通じて、継続的な運動の機会を提供し顧客の健康づくりサポートを行うのはもちろん、JリーグやJクラブのファンやサポーターのすそ野拡大、地域社会の活性化などさまざまに貢献していきたいとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
明治安田生命保険相互会社ニュースリリース
https://www.meijiyasuda.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:明治安田生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)