SBIいきいき少短、「猫はペット保険に入るべき?メリット・注意点と選ぶときのポイント」掲載

ウェブサイトコラム「ワンハッピーニャンハッピー」

SBIいきいき少額短期保険株式会社は2020年2月25日、同社のウエブサイト上で発表しているコラム「ワンハッピーニャンハッピー」に、「猫はペット保険に入るべき?メリット・注意点と選ぶときのポイント」を掲載した。
今回掲載されたコラムでは、ペット保険とはどういうものなのか、そのメリットや注意点、選ぶときのポイントなどを解説している。
SBIいきいき少短のペット保険、11歳11カ月まで申し込み可能
「SBIいきいき少短のペット保険」は、犬と猫のためのペットで、11歳11カ月まで申し込みが可能。保険料は低く抑えられているにも関わらず、入院や手術、通院にかかる治療費用を幅広くカバーしている。さらにインターネットから申し込むと、保険料はずっと10パーセントオフが続くとのこと。
「ワンハッピーニャンハッピー」は、SBIいきいき少短のウェブサイト上に掲載されているコラムで、ペットの病気予防や生活上の悩み解決など、ペットとの毎日に役立つ情報を発信している。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
SBIいきいき少額短期保険株式会社のプレスリリース(アットプレス)
https://www.atpress.ne.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:SBIいきいき少額短期保険
(記事提供:スーパー・アカデミー)